千草第二保育園

名古屋市千種区上野1-3-3
052-737-2648
chikusa2@tcp-ip.or.jp

千草第二保育園について

令和4年4月に新規開設した、認可定員60名の保育所です。
四軒屋から名古屋城へと続く出来町通「谷口」に位置し、上野公園、清明山公園などの公園が近くにあります。また、姉妹園「千草こども園」も近いので、年間を通して交流を行っています。

【利用定員】
0歳児:6名 1歳児:12名 2歳児:12名
3・4・5歳児:各10名

【電話番号】
052-737-2648

【近隣学区】
上野小学校・砂田橋小学校

事業内容

【受け入れ年齢】
生後57日~小学校就学前

【開所時間等】
開所時間 月~土 7:00~19:00

コアタイム 8:30~16:30
標準時間  7:00~18:00
延長保育 18:00~19:00

休業日 日曜・祝日・12月29日~1月3日

【産休明け保育】
生後57日を過ぎたお子さんから受け入れをしています

【延長保育】
標準時間認定児18:00~ 短時間認定児7:00~8:30及び16:30~18:00
別途料金必要

自己肯定感を身に着ける

私たちの取り組み

3歳児・4歳児・5歳児の縦割り保育

年齢を超えた関りから、社会性を身に着ける

当園の3歳児・4歳児・5歳児は、異年齢の縦割り保育で日常生活を送っています。兄弟のような関りを通して、今の自分にどんな役割ができるのか(年長児が率先して年少児のできない部分を手伝うなど)自主的に身に着けていきます。


自分の言葉で表現する

あそびの中から表現する力を身に着ける

子どもたちにとって、たくさんの児童の中で、自己表現をすることはとても大変なことだと思います。当園では、あそびの中から自己表現をする(例えば、ごっご遊びをする際の配役や絵を描くことなど)自分で考え、自分で伝える力を伸ばせるよう、保育者は近くで見守り、どうしても難しい場合にのみ手を差し伸べるようにしています。大人が教えることですぐに解決してしまうことも、あえて自ら考えることで、自分にどんな考えがあるのか、どうしたらこの先に進めるのかと考える力を身に着け成長していきます。

 

個性を伸ばしすくすく育つ

個性を活かし協調性を養う

一人ひとりの体験を大切に

初めての事は、大人でも緊張するものです。それでも、子どものころから経験してきたことを自然と活かし、短期間で緊張を和らげることができるのです。園に通う0歳から6歳の子どもたちは、毎日のように初めてを体験します。初めて会う友だち、保育者、遊び、環境、様々な繰り返しが経験として蓄積し、長い時間をかけていくことで緊張が和らいでいくのです。できない当たり前を作るのではなく、できるようにしていく当たり前を保育の中で築いていきます。

個性を伸ばす教育・保育

子どもたち一人ひとりの個性を見極めるのは、とても難しいことです。しかし、保育者は日々の関わりの中からその個性を見つけ、伸ばしていけるように努めています。また、できないことは、そのままにするのではなく、どのようにしたらできるようになるのかを考える力を養えるよう援助しています。